Pesca Hatsuotome / 白桃 『 はつおとめ 』

 

こんばんは、
レットのホール担当サワコです(^^)

飲食業界に入る前から、関連するテレビ番組を見るのが何故か好きで、
昔は、新聞を片手に予約録画する為、随分時間を費やしていた気がします。

地デジになってからは、
『料理』や『レストラン』等のキーワードで、
一週間先の番組まで簡単に検索、予約が出来て大助かり。

今や当たり前のように利用している連ドラ予約機能に至っては、
”録り逃してガッカリ” なんて事から解放されて、
開発して下さった方に、有難うございますと今でも思う次第です。

 

 

さて、

待ちに待った、桃のシーズンが遂に到来!

一番手は、極早生品種の白桃、『はつおとめ』。

色が濃くて、林檎みたいに真っ赤な果皮が印象的。

白桃 はつおとめ 2018

 

 

 

 

 

 

 

発送ギリギリまで、
木でしっかり美味しさを蓄えた桃は、
届いてからの追熟で美味しさが何倍にも増加。

今回の追熟期間は、3日半。

香りの強さが凄いです。

早速今晩(6月8日)、
コンポートへと仕上げて、
明日のディナーから登場予定です。

※お詫び
明日、6月9日(土曜日)満席となりました。

来週は、お席の余裕が十分ありますが
肝心の白桃『はつおとめ』は、
生産量が少なく、入荷も僅かな為、
売り切れの際はご容赦下さいませ(>_<)

尚、日々状態が変化する
非常にデリケートな食材の為、
取り置きする事が出来ません。

大変、申し訳ございませんが
桃ドルチェのご要望は、
ご来店の当日、お電話でお問い合わせ下さいませ。

 

次回の品種は、
6月23日(土曜日)前後の予定で、
『白桃:はなよめ』です。

 

 

営業終了後。

追熟が終了した白桃『はつおとめ』を
試食する瞬間がやってきました(☆▽☆〃)♪

冷やし過ぎると糖度が下がるフルーツも
短時間であれば、
糖度も下がらず甘くて、ヒンヤリした状態で楽しめると
桃の生産者である野口さんの教えから学び、
その目安は、
食べる時間から逆算して、約二時間。

『うっかり冷やし過ぎたっ!』、

そんな悲しい事態を避ける為、サワコはタイマーをセット。

実際食べてみた、
今シーズン初桃のお味は、
香り良し、果汁良し、柔らかさ良し♪

糖度は、大体11~13°位な印象で、
後を引かない爽やかな甘味が抜群に美味しかったです。

 

 

 

2018年6月8日 | カテゴリー : 食材 | 投稿者 : letto

Fragola 『 Toukun 』 / 桃薫苺

 

こんにちは、レットのホール担当サワコです(^^)

先月の話しですが、
店内の植物を外の陽に当てたくて、
移動作業をしている時、声を掛けて下さる人が。

振り返ると
昨年、ご出産前にご主人とディナーに来て下さった、
奥様とバキーの中からエンジェルスマイルを向けてくれる元気な王子様(´Д`〃)。

こんな風に、『見かけたから』と
気軽に声を掛けてもらえるのが何だかとっても嬉しくて、
幸せな出来事でした。

ただ、その時のサワコノーメイクだったので、
驚かせてしまったんじゃないかと、
それだけがとても心配…。

 

さて、
苺の美味しい季節もそろそろ終わりですが、
ある時、幻級の苺に出会いました。

その名は『桃薫:とうくん』

淡いピンク色の果実と
まっ白な果肉。

姿も少し珍しいですが、
一番の特徴は、『 香り 』。

とても苺とは思えない位、『 桃 』っぽいんです。

姿は、苺。

香りは、桃。

食感は、苺。

何とも不思議で、美味しい苺。

桃薫

 

 

 

 

 

 

これは素晴らしい苺に出会えたと思い、
別の日に、
買う気満々で市場へ行くも姿無く…。

スタッフの方に尋ねると
桃薫苺を育てている方がその一帯でお一人しかおらず、
しかも作っている量と納品が極めて少ないと教えて下さり、
結局その後一度も出会えずし終い。

熊本県や茨城県の辺りでは、
多少作っておられるようですが
神戸では、まだまだ幻級の苺だったようです(T_T)

 

2018年5月9日 | カテゴリー : 食材 | 投稿者 : letto