Nuovo vino / ワイン

こんにちは、レットのホール担当サワコです

厨房の隅にあった、
イタリアのホールトマトが入っていた、
空き缶。

改めて見ると
カッコ良くて、ちょっと大きめなところも
存在感があっていい感じ。

深さもあるから、
ガーデニング用のスコップ類を
立てて収納するのに、丁度良さそう♪

 

 

先週、
初めてお会いするワインのインポーターさんが
イタリアワインの持ち込み営業に来られ、
グラッパを含め、12種類を試飲。

どれも美味しいものばかり(´*`〃)。

全部欲しいところですが、
これから作る料理との相性を考えて、
ここは一旦冷静に…。

まずは、
それぞれのワインにどんな料理を合わせるか?
シェフに聞いて、全てメモ。

これから1~2ヶ月の間で、
実際に作る可能性がある料理と合わせる事を前提に、
結局12種類の内、10種類を注文。

…殆どですね。

そうなる位、
シェフの料理と相性が凄く良さそうで、
期待度が高くて
美味しいワイン。

 

Vino Bianco / 白:3種類

・ヴェルメンティーノ ディ トスカーナ
(Vermentino di Toscana)
ヴェルメンティーノ 100%

・アンテ ビアンコ IGP
(Ante Bianco)←これには、面白い秘密が

・レガミ DOCG
(Legami)
フィアーノ 100%

 

Vino Rosso / 赤:6種類

・ロッソ トスカーナ
(Rosso Toscana)
サンジョヴェーゼ、メルローブレンド

・アンテ ロッソ IGT
(Ante Rosso)
ネレッロマスカレーゼ、ネロダヴォラブレンド

・グラッポリ ディ ノーテ DOP
(Grappoli di Note)
ネレッロマスカレーゼ 100%

・カラズィ DOP
(Khalazi)
ネレッロマスカレーゼ、シラー、
カベルネソーヴィニヨンブレンド
↑カリフォルニアワインぽい印象

・ディオニソ DOP
(Dioniso)
ネレッロマスカレーゼ 100%

・イントレッチ DOP
(Intrecci)
アリアニコ 100%

 

Grappa / グラッパ:1種類

・グラッパ ネッビオーロ
(Grappa Nebbiolo)

 

只今、届いたばかりで、
味を落ち着かせる為、
セラー内で待機。

11月中旬より、
ペアリングワインとして、
この殆どがグラスで登場予定♪

 

今回、
六甲道の小さなイタリアンを見付けて連絡をくれた、
スタッフの岡本さんに感謝。
初めて、電話でお話しした時から、
元気で明るく、話し易くて、
顔が見えないからこそ、
こういう事を大事に出来る人との
出会いは凄い嬉しくなる。

約束の日は、
イタリア アマルフィ出身の
マルコさんが来てくれて、
日本語の単位が「厳しい」と言いうつ、
上手で、
情熱的な説明と提案が楽しくて、
あっという間に一時間。

日々、多くの営業電話があるけど、
これからも長いお付き合いをしていきたいと
思った今回のご縁に感謝。

 

↓ 新しく届いたワイン
新入荷ワイン

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月4日 | カテゴリー : ワイン | 投稿者 : letto

Zuppa di patate dolci / さつま芋のスープ

こんばんは、レットのホール担当サワコです(^^)

ある日、
シェフから「一週間、カレー続いたら嫌?」
と聞かれました。

サ:「喜んで」。

勿論、本心ですが
作って貰う身分で、嫌とか言えるわけない。

果たして、何カレーなのか?
日々変わってゆくのか?
楽しみです。

 

 

さて、

本日のテーマは『 さつま芋のスープ 』。

 

安納芋

 

8月の終わりに仕入れて、只今11月。

約二ヵ月間、風通しの良い所で過ごし、
程よく水分が減って、
味と実がしまったさつま芋。

※ 後から知りましたが、
使う1~2日前、太陽に当てるとデンプンが増して、
甘味が高くなるとか。
(次、絶対試してみよう ^▽^)。

いよいよ料理になる時がきました。

保湿、保温、遮光目的で、
芋を包んでいた新聞紙を外して、
次は、
焦げ付き予防、しっとり焼き上げる目的で、
アルミホイルをぐるぐる巻いて、
オーブンの中へ。

焼き芋

約二時間じっくり焼いた、サツマイモ。

今度は、裏ごし。

品種や土壌によるのでしょうが、

裏ごし中のシェフが

「木ぃか」、

とつっこむ位、
ささくれた小枝みたいな繊維…

安納芋

が取れて、
マッシュポテトならぬ、
マッシュスイートポテトに。

それを鍋の中で、
牛乳、生クリーム少々、塩少々、水と合わせて、
クツクツ火入れ。

甘くて、優しい香りにうっとりしてる間に、

火入れがおわったさつま芋は、
バーブレンダーで更に繊維が細かくされ、
最後の裏ごしが施され、完成!!

芋の風味を高める目的で加えた乳製品は、
その脂肪分もまた、
見た目を艶ややかに見せる一役を担っていました。

仕上がった時のイメージ、

『 芋の風味がしっかり感じられて、滑らかな口当たり 』

を目標地点に、
風味を損なわないよう注意を払い、
全ての工程を終えた、さつま芋のスープ。
さつま芋のスープ

11月は、安納芋。

 

 

2017年11月2日 | カテゴリー : 料理 | 投稿者 : letto

63 pagine / 63ページ

こんばんは、レットのホール担当サワコです(^^)

9月の終わり、
雑誌の取材撮影に来て頂けました。

昨日、完成本を頂くまで、
ホンマに載るんやろかとドッキドキ。

掲載ページの
フレンチ・イタリアンを開くと
無事にレット発見(´▽`〃)

なかなか良い笑顔のシェフ(^^)。

灘東灘食本 2017

笑顔を引き出してくれた、
素敵なカメラマンさんに感謝。
…お名前まで、ステキ。

 

タイトル『 灘東灘食本 』。

灘東灘食本

と題される通り、
摂津本山~王子公園界隈の飲食店
300件を網羅した、正に食本。

 

雑誌をお手に取られた際には、
是非63ページもご覧いただければ、幸いです。

 

 

2017年11月1日 | カテゴリー : メディア | 投稿者 : letto