Tè / 紅茶

 

こんにちは、レットのホール担当サワコです。

昨日、

インフルエンザの予防接種を受けに行ってきました。

「 午後の診療が終わったら、ボジョレーヌーボー♪ 」と

2017年のヌーボーが楽しみでご機嫌な先生に、

プスッっと刺してもらい完了。

 

本日のテーマは、『 紅茶 』。

 

これぞとばかりに、タイトルにしましたが、

久し振りに芦屋のウーフさんへ伺って、

良い茶葉を直接仕入れる事が出来たのが嬉しく、

テーマにした感じです m(__)m。

 

今回一番の目的は、

ウーフさんのオリジナルブレンド、

『 ソレイユ 』を買い足す為。

 

ヴェルガモットとルイボスの香りが綺麗に融合した、

深みのある華やかな香りが印象的で、

飲み口が優しく、旨みもしっかりある美味しいお茶。

赤みがかった水色は、

真っ白な茶器に良く映えて、とってもキレイ。

 

食後に、ノンカフェインをご希望のお客様は、

是非召し上がってみて下さい。

 

それ以外にも

この冬、シェフが作るドルチェに合うんじゃなかろうかと予想して、

併せて購入。

↓ ↓

・ノエル = フランボワーズの甘酸っぱい風味がチョコ系と合いそう♪

・アッサム = ペアリングイメージは無かったけど、どうしても欲しくて(〃・・〃)

・ショコラ = クリーム系や敢えてチョコ系に合わせてみようかと(^^)

・リュンヌ = ルイボスに生姜ブレンド。新たなノンカフェインとして(^^)

・ダージリン セカンドフラッシュ = UFFUさんも一押しで、楽しみ♪

ウーフさんの紅茶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

支払いを済ませた後、

到着した時から気になっていた大きなボウルの中身。

それは、

ブレンドされたばかりの山盛り一杯の『 ノエル 』。

好きな茶葉のこんな機会に出会える事もそうそう無いと思って、

許可を頂き、袋詰め前のノエルを撮影。

ウーフさんのノエル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

流石山盛り、香りの量が凄くてめっちゃ幸せでした(´・・`〃)

 

今日は、大西さんもいらっしゃって、

紅茶の話しだけでなく、

すっごく身になるお話しまで教えて頂けて、

やっぱり行って良かった!

 

 

2017年11月17日 | カテゴリー : 食材 | 投稿者 : letto

Regola / ルール

こんばんは、レットのホール担当サワコです(^^)

10月に植え替えと株分けをしたオリヅルラン。

一ヶ月経っただけで、
土に根をしっかり張って、びくともしない力強さ。

株分けした為、華奢になった見た目も
新しく出てきた葉っぱで、
ボリューム感が増してきました。

嬉しい。

 

 

今回のテーマは、

店で扱うワイン選びのルール (レットの場合)。

 

先月、
大好きなワインのインポーターさん主催の試飲会に、
シェフと行ってきました。

泡・白・赤・食後酒の全20アイテム。

会場では、
味わいの軽いものから重く力強いタイプへと
事前に並べられているので、
その順に進んで行きます。

味の認識が早いシェフのペースには、
毎回付いていけず、
会場では実質別行動。

たまに近くに居合わせると
「どう?いいのあった?」と情報交換。

シェフ、「あのワインがあの料理と合いそう」とか。

サワコ、「このワイン、〇〇様が好きそう」とか。

それも含めて、
感じ得た味わい等、大事な情報を全てメモ。

試飲を終えたら、記憶が新しいうちに、
良かったワインのポイントを互いに話して、
料理に合いそうだねと意見が一致したら注文決定。

ただ、
味覚も好みも違うので、
意見が一致するまでには、難航する事も。

そんな時は、
レットにとってのワインは料理と共にある事を優先して、
作る人の味覚を尊重して一件落着。

それでも、

たまに、

あまりにも美味しすぎるワインと出会った時は、
サワコ ゴリ押しで注文。

 

すったもんだしながら、新たに加わったワイン
イタリアワイン

 

 

 

 

 

 

 

明日は、初めてお会いするインポーターさんが
持ち込み営業に来て下さるので、
とても楽しみです。

 

 

2017年11月10日 | カテゴリー : ワイン | 投稿者 : letto

Jam crisantemo / ジャム

こんばんは、レットのホール担当サワコです(^^)

雨の日あるある。

車道に溜まった雨水を
走行車両が巻き上げる光景と
それを運悪く、被る人。

今朝のサワコは、被った人(TДT)

 

 

今回のテーマは、自家製 菊花ジャム。

食用の菊花を沢山頂いたので、
長く美味しく楽しめるよう、
ジャム加工することにしたシェフ。

まずは、花びらだけにして、丁寧にお掃除。

菊花のジャム作り

 

 

もっさり…

 

 

 

 

 

 

 

 

花弁に含まれる酵素の働きを
「シッカツカ…」(゜∀゜)?

沸かしたお湯で、さっとひと茹でして、
酵素の働きを失活化させてから、
砂糖と合わせて炊くと花の色が損なわれず、
綺麗な仕上がりに(おばあちゃんの知恵袋みたい)。

菊花のジャム作り

 

 

 

 

 

奥の鍋では、
同時進行で別のジャムを制作中。

 

 

 

レット初の『 菊花ジャム 』。

出来上がりが楽しみです(‘ν‘〃)♪

 

 

2017年11月8日 | カテゴリー : 食材, 野菜 | 投稿者 : letto

Gelato alla vaniglia / ジェラート

ある日、
歯科検診に行って順番を待つ間、
手にとった雑誌の特集。

『 2016~2017年の間に、
神戸でオープンした新店特集 』

個性的で、魅力的なお店がいっぱい。

行きたいお店がいくつも見つかる中、
ふと思う、
「ここで(レットで)、食事をしよう」と
決めてもらえるって、
どれだけ凄い事なんだ!

改めて感じたこの想い、大事にしよう。

次回は、治療…(-v-)

 

 

今回のテーマは、
レットの様々なドルチェとコラボする、
自家製バニラジェラート。

に欠かせない、

バニラビーンズ にフォーカス。

 

夏は、桃のコンポート
白桃のコンポート

 

 

 

 

 

秋口は、無花果のアッフォガート
無花果の赤ワイン煮 アッフォガート仕立て

 

 

 

 

 

それ以外にも
様々なドルチェと相性抜群の
自家製バニラジェラート。

 

その美味しさを支えるのが
一見、
枯れた小枝のような姿のバニラビーンズ。

(参照画像) バニラビーンズ

 

 

 

 

 

 

その正体は、
バニラ豆と言われる実の中にある種子。

それがどうやって、
いつからあの香りを抱くようになるのか?

バニラビーンズの作り方、出来方について、
調べた事を凄く簡単にまとめてみました。

開花から9か月後に収穫出来る豆を
ちょっと温度高めのお湯にさっと通して、
日光浴⇒遮光を繰り返して、
最後に2~3ヶ月、
しっかり乾燥させ出荷する頃には、豊かな香りに。

長い時間を掛けてレットにやって来た、
バニラビーンズ。

鞘の中に収まっている貴重な種子を
包丁で削ぐように取り出して、
ミルクなどと合わせて加熱すると
あの甘くて幸せな香りが。

黒い粒状の姿も
すっかり認知され、人気上昇。
お値段も上昇中ですが、
一度美味しさを知ってしまうと
使わない事を選択するなんて、出来ません。

自家製バニラジェラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 出来た瞬間のバニラジェラート。

 

 

Peperoncino / ペペロンチーノ

通勤中に聞いた、
シェフが今朝見た夢の話し。

長い坂道を
ブレーキの効かない自転車で、
延々下ってる夢。

現状を物語っているというか、
なんて縁起の悪い夢を
シェフは見てるんやと思ったら、

「やっぱり、ブレーキの調子悪いからかな?」。

えっ、そうなん(ーー;)?

夢に出るほどって、どんな状態?

 

 

 

夏の終わり、
シェフの親友Kちゃんが育てた唐辛子、
今年も沢山頂きました。

生の状態は、
カビが生えて日持ちしないから、
風通しのいい日陰で、気長に乾燥。

※ 唐辛子の乾燥には、
直射日光を当てると辛味が増して良さそうと思っていたら、
むしろ赤い色素が抜けて、
味にも影響が出るかもしれないという資料を読んで以来、
乾燥場所は毎年、風通し抜群な店の入口付近。

 

枝付きのものは、
壁に掛けて飾って楽しんだり、
そうじゃないのは、
カゴに入れて時々ゆすって、
まんべんなく乾燥するようにお世話したり。

水分が抜けて、
少しずつ変化していく唐辛子を
見守りながら迎えた、
2017年11月。

実を振ると
中の種がカラカラ鳴ったから、
十分乾燥したみたい。

これから、
パスタのソースを筆頭に、
様々な料理で大活躍♪

2017年収穫 唐辛子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月4日 | カテゴリー : 食材, 野菜 | 投稿者 : letto