Gelato alla vaniglia / ジェラート

ある日、
歯科検診に行って順番を待つ間、
手にとった雑誌の特集。

『 2016~2017年の間に、
神戸でオープンした新店特集 』

個性的で、魅力的なお店がいっぱい。

行きたいお店がいくつも見つかる中、
ふと思う、
「ここで(レットで)、食事をしよう」と
決めてもらえるって、
どれだけ凄い事なんだ!

改めて感じたこの想い、大事にしよう。

次回は、治療…(-v-)

 

 

今回のテーマは、
レットの様々なドルチェとコラボする、
自家製バニラジェラート。

に欠かせない、

バニラビーンズ にフォーカス。

 

夏は、桃のコンポート
白桃のコンポート

 

 

 

 

 

秋口は、無花果のアッフォガート
無花果の赤ワイン煮 アッフォガート仕立て

 

 

 

 

 

それ以外にも
様々なドルチェと相性抜群の
自家製バニラジェラート。

 

その美味しさを支えるのが
一見、
枯れた小枝のような姿のバニラビーンズ。

(参照画像) バニラビーンズ

 

 

 

 

 

 

その正体は、
バニラ豆と言われる実の中にある種子。

それがどうやって、
いつからあの香りを抱くようになるのか?

バニラビーンズの作り方、出来方について、
調べた事を凄く簡単にまとめてみました。

開花から9か月後に収穫出来る豆を
ちょっと温度高めのお湯にさっと通して、
日光浴⇒遮光を繰り返して、
最後に2~3ヶ月、
しっかり乾燥させ出荷する頃には、豊かな香りに。

長い時間を掛けてレットにやって来た、
バニラビーンズ。

鞘の中に収まっている貴重な種子を
包丁で削ぐように取り出して、
ミルクなどと合わせて加熱すると
あの甘くて幸せな香りが。

黒い粒状の姿も
すっかり認知され、人気上昇。
お値段も上昇中ですが、
一度美味しさを知ってしまうと
使わない事を選択するなんて、出来ません。

自家製バニラジェラート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 出来た瞬間のバニラジェラート。