Zuppa di patate dolci / さつま芋のスープ

こんばんは、レットのホール担当サワコです(^^)

ある日、
シェフから「一週間、カレー続いたら嫌?」
と聞かれました。

サ:「喜んで」。

勿論、本心ですが
作って貰う身分で、嫌とか言えるわけない。

果たして、何カレーなのか?
日々変わってゆくのか?
楽しみです。

 

 

さて、

本日のテーマは『 さつま芋のスープ 』。

 

安納芋

 

8月の終わりに仕入れて、只今11月。

約二ヵ月間、風通しの良い所で過ごし、
程よく水分が減って、
味と実がしまったさつま芋。

※ 後から知りましたが、
使う1~2日前、太陽に当てるとデンプンが増して、
甘味が高くなるとか。
(次、絶対試してみよう ^▽^)。

いよいよ料理になる時がきました。

保湿、保温、遮光目的で、
芋を包んでいた新聞紙を外して、
次は、
焦げ付き予防、しっとり焼き上げる目的で、
アルミホイルをぐるぐる巻いて、
オーブンの中へ。

焼き芋

約二時間じっくり焼いた、サツマイモ。

今度は、裏ごし。

品種や土壌によるのでしょうが、

裏ごし中のシェフが

「木ぃか」、

とつっこむ位、
ささくれた小枝みたいな繊維…

安納芋

が取れて、
マッシュポテトならぬ、
マッシュスイートポテトに。

それを鍋の中で、
牛乳、生クリーム少々、塩少々、水と合わせて、
クツクツ火入れ。

甘くて、優しい香りにうっとりしてる間に、

火入れがおわったさつま芋は、
バーブレンダーで更に繊維が細かくされ、
最後の裏ごしが施され、完成!!

芋の風味を高める目的で加えた乳製品は、
その脂肪分もまた、
見た目を艶ややかに見せる一役を担っていました。

仕上がった時のイメージ、

『 芋の風味がしっかり感じられて、滑らかな口当たり 』

を目標地点に、
風味を損なわないよう注意を払い、
全ての工程を終えた、さつま芋のスープ。
さつま芋のスープ

11月は、安納芋。

 

 

2017年11月2日 | カテゴリー : 料理 | 投稿者 : letto