スープで始まる、レットの料理

お久し振りです。
レットのホール兼ブログ担当のサワコです

7月末、お陰様でレットは12年目を迎える事が出来ました。

これもひとえに、
いつもご贔屓にして下さる、常連のお客様。
お知り合いやご友人に、おすすめして下さった
お客様やご近所のお店の方々。
偶然見付けてお越し下さった、お客様。
いつも素晴らしい食材でレットを支えて下さる、取引先の皆様。

ここには、書ききれない多くの方々のお陰です。

この場を借りて、心からお礼申し上げます。

本当に、有難うございます。

今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

さて、毎年恒例の周年イベントからのお盆営業。
お盆最終日は、ご依頼を受けて出張料理と
怒涛の半月を無事に終え、ほっと一息。

早速、途中まで書いて一ヶ月近く手つかず状態だった、
ブログの続きに着手。

今回のテーマは、食事の始まり『スープ』。
コース料理、アラカルト料理、季節を問わず、
お客様にシェフが最初にお出しする『スープ』。

それは、
喉越しの良いもので " 胃を優しく刺激 " しつつ、
ほっ とリラックスしてもらえたらいいなという、
想いからのスタートスタイル。

ブログを書いている時期は、夏野菜が美味しい頃で、
キュウリやセロリ、ニンニク…等が入った、トマトの冷製スープ

皮越しに果肉が透けて見える位、
果汁たっぷりで、張りのある真っ赤なトマトを

他の材料と共に、生の状態でミキサーでガガーッと回して、
濾したら、完成まで後10%。

最後の仕上げは、
その日に感じた気温や湿度から、「今日の味」がシェフの頭の中で決まり、
スパイスや酸味などで、微調整。

出来たスープは、
材料全てが非加熱だから、酵素もたっぷり!